やはり米国の利上げ次第。

2016年5月19日木曜日

独り言

米国の景気指標が良かったです。

加えてFRBの高官が、6月の利上げを排除しないと発言するなど、現在の米国の強さを認識させられます。


しかし面白いのは、指標が良くて米国経済の強さが確認されると逆に、株価が下がることです。

なぜならFRBによる早期の利上げが浮上するからです。

FRBの高官も米国の指標が良いので、早期利上げを排除せず、というタカ派なことが言えます。


利上げがもし行われると、株価には大きなマイナス材料です。

FRBも株安にはしたくないでしょうから、慎重にことを進めると思いますが、利上げのペースや回数はよくよく注意しておきたいです。

といって淡々と株を買うだけで、何も行動パターンが変わりはしないのですが。