このブログを検索

書評

【書評:自分のことだけ考える 堀江貴文】タイトルはともかく気づきが多い本。

タイトルは関係なく、いつもどおりのホリエモン本 堀江貴文さん(以下ホリエモンさん)の「自分のことだけ考える。無駄なものにふりまわされないメンタル術」を読みました。 感想としては、いつものホリエモンさんの本の通り、気付きが多く、新たな世界が開けるような良い本でした。 ホリエモン...

保有株状況

【米国株保有状況】そこそこ納得している。2019.1月。

そこそこ納得している保有状況 米国株の保有状況です。 2019年のNISA枠が復活すると同時に、米国株を追加購入しました。 比較的に大きな金額で買ったので、保有状況も大きく変化しました。 で、今はグラフのような保有状況ですが、私は今のポートフォリ...

私の投資法

米国株。とにかく優良銘柄をバイアンドホールド。長く持ってればなんとかなる?.

米国株は不安定な動きが続くも、、、 最近の米国株は不安定な動きが続いています。 急落したかと思えば、FRBの姿勢の変化で株価は持ち直しています。 そんな不安定な動きが続く米国株ですが、不安定な動きであっても優良銘柄をバイアンドホールドして、長く持っていれば意外にな...

IBM

IBMの技術力は高いが、それが収益に結びついていない気がする。

IBMのニュースは多い 「IBM」というキーワードを頻繁にググっているせいか、IBMに関するニュースをグーグル先生が私におすすめしてきます。 空き時間にそれらのニュースを見るのですが、そういうのを見ていると、IBMは結構頑張っていて株価の低さほどオワコン株ではな...

MO 銘柄分析

【MO銘柄分析】アルトリアは風当たりが強いが株主還元強く、収益微増が続く。

風当たり強いもリターンが高かったアルトリア ジェレミーシーゲル教授の本で、過去のパフォーマンスが良かった銘柄として紹介されているのがアルトリア(旧フィリップモリス)です。 アルトリアは1990年代に訴訟が数多く起こされ株価が低迷していたにも関わらず、配当金を増...

独り言

中国株もすごいが、米国株投資のほうがより良い道。

中国はすごい 最近ホリエモンにはまっていまして、本を筆頭にいろいろな媒体でホリエモンをチェックしています。 「ホリエモンドットコム」というサイトがあり、ホリエモンがニュースに一口コメントをするページがあります。 その中のホリエモンが気になったニュースの1つに、中国の無...

日本財政

日本国の財政状況は本当に悪いのか?

日本はハイパーインフレにならない 以前、「日本でハイパーインフレが起きる可能性は今のところない。」というブログ記事を書いて、「今のところそういうことにはならない」と書きました。 理由としては、歴史上ハイパーインフレになった国々は「政治や国家体制の混乱が起きている」国なので...

VISA 銘柄分析

【VISA銘柄分析】持続するキャッシュレス化の恩恵を受け続ける超優良企業

「決済」という全ての人間に必要なモノのトップ企業 お金はすべての人間に必要なものです。 現代社会では物々交換など皆無なことを考えると、お金という媒体を介しての取引がモノやサービスの受け渡しの手段になります。 「お金」自体はどこかの企業が独占的に作ることはできませんが、...