来年はポートフォリオの変更。その1

2015年12月12日土曜日

独り言

2015年から配当金投資を始めましたが、最初は銘柄を適当に買っていました。

2016年は今の銘柄から数を減らしていきます。

各企業を見ていると、自分の目にかなった企業というものが出てきます。

その企業が良いのか悪いのか、それは誰にも分らないことだと思います。

しかし投資家にとっては企業選別が楽しいのであって、選別抜きではやれません。


☆PG→40%に増やします。

理由は

1.米ドル資産は持っておきたいからです。

円高になる可能性もありますが、円安になる可能性もある。要はリスクの分散です。

2.米国企業のメリット

米国企業は株主視点や配当政策の良さ、世界的に展開しているのでブランド力がある、世界成長を取り込めるなどメリットがあります。

 その中でもPGは配当政策は素晴らしいものがあります。日本でも認知されているブランドですので、安心感があります。

 我が家でも買うくらいなので、世界の消費者の生活に溶け込んでいる気がします。よほど変な経営者が出てこない限り、安心感はあります。



★東京海上HD→0%に減らします。


理由

1.海外展開がうまくいかない気がする。

海外展開がうまくいかない気がします。今までの実績をみてもうまくいっていない気がするし、どうも海外展開がうまくいっているのかいないのか?紙の資料からよくわからないからです。

上手くいっているのなら書くだろうしなあ。

国内は何も心配はしていないのですが、海外は国内のようにはいかないと思います。


☆クラレ→20%に増やします。

理由

1.業績が絶好調!

主力のビニルアセテートが絶好調!他のほぼすべての事業も業績アップです!正直、ビニルアセテートって何?ですが、ようは食品のラップとかビニールとかなどのことでしょうか?

やはり包装は長持ちしますし、衛生的なので世界的に広がっていくと思います。世界の人口が増える、人々の生活が向上すると売り上げ増が望める分野なのかな、と勝手に思っています。

EPSが低い気がしますが、業績好調なので主力株の一つになっています。

財務内容は超良好。




長いので、次回の記事に回します。