よく考えるとリスクはいっぱい。

2015年12月19日土曜日

独り言

来年、株が上がる要素ばかりに目がいっていましたが、よく考えると下へのリスクもたくさんあります。


まず日本の金融政策。

経済ニュースであるエコノミストが、

日銀は金融緩和を辞めざるをえなくなる

といっていました。

これ以上国債を買えないのが理由だそうです。

そして本日、読売新聞にて、

日銀の国債保有比率30%という記事を見ました。

これでは追加緩和をしたくてもできないのかもしれません。

国債買い入れを増やすとなれば、国債の保有をほとんど日銀が持つことになってしまう。

これは本当のことで日銀でもそれは意識されているのではないでしょうか?

もし国債買い入れを止めて、他の手段にするにしろ、とりあえず金利は上下に振れそうな気がします。

それに伴いマーケットも混乱しそうな気もします。


あと米国の利上げは適切だったか?という問題も。

もし物価の値段が下がるようなことになれば、利上げはどうだったのか?という話になります。

原油価格もありますし、インフレはどうかわかりませんよね。


来年はなにかあるかもしれませんね。