GDP600兆円にするのなら株は買いのはず。

2015年12月15日火曜日

独り言

株は買い、という理由は少なからずあると思います。

特に日本株の場合は。

よく東京オリンピックを理由に言われますが、それもその一つ。

私が考えるのが、政府のすすめるGDP600兆円の目標です。

確かに目標であって達成出来るかは分かりません。

しかし仮にも600兆円を目指しているのだから、何かしらの対策は打つはずです。



バフェット指標というものがありますが、これはGDPを目安に株の大まかな価値を見るものです。

バフェットさんが今もこの指標を使っているのかは疑問ですが、GDPの数値は株価にある程度反映されるものだと思います。

経済の規模が大きくなればお金の量も得るのだから、株価にも影響を与えるはずです。

そう考えれば私は今のうちに株を買っておくべき、と考えます。


しかしリスクもありますが、私は一番のリスクは円高のような気がします。

何の理由で円高なるかはわかりませんが、1ドル110円にでも進めばかなりの株安になるのではないかと思います。

ただそうなれば日銀がバズーカを放ちそうな気がするので、どうでしょうか?

意外に日銀の黒田総裁は円高なった時のためにバズーカを温存させているのかもしれません。