P&Gの第1四半期レビュー

2015年12月10日木曜日

独り言

米国の配当鉄板銘柄、PGを保有しています。

決算など見たかったのですが、英語だからどうせ分からないだろう、と諦めていたのですが、何気に日本法人のHPに記載されていました。

PGのことだから、見なくてもしっかりやってくれると思っていましたが、第1四半期を見ると、可もあり不可もあり、という内容でした。

売上は為替の影響もあり12%減っています。そのうち為替影響分は9%だそうです。かなり大きい。

しかし営業利益は4%増、純利益は30%増としっかりコストコントロールをしています。

これだけ大きな会社なのにコントロールがすごいなと思います。

キャッシャフローは去年と比べると、遥かに改善しています。

売上は減ったけど、利益はちゃんコスト減らしてだしたよ、ということです。

社長は、

今、改善計画の初期段階だから売上が上がらないけど、第2四半期はもう少し上がって、それからは成長は加速するよ

と言っています。

この社長はどうやらベテランらしいので、やってくれそうな気がします。

社長のいうことが本当なら、配当金率が3.4%くらいある今は買い、ということでしょう。

私は来年のNISA枠復活を待ってPGを買い増します。

待ち遠しい。