このブログを検索

適度な配当性向、連続増配、利益の成長。

2016年8月25日木曜日

独り言

配当金目的の投資をする場合、連続増配は非常に大事なことです。

貰えるお金が自動的に毎年増えていきますから、非常に美味しい話です。

過去のことは未来を保証してくれるものではありませんが、連続増配はその会社の姿勢や利益の安定成長を表していると思います。

そして配当性向もとても大事なことだと思います。

企業が2年連続で同じ利益でも、配当性向を引き上げることで増配にはなります。

しかしそれでは配当金投資家が求める、未来永劫の連続増配はありえません。

やはり配当金の原資である利益が成長することが必要です。

ということは、配当金を目的にした投資でもある程度成長が見込める企業に投資をしないといけないのかなと思います。

利益が成長する企業は一般的に高い値段がついているでしょうから、配当利回りや配当性向、そして利益の成長などを総合的に見ることが大事かなと感じています。