毎月一定額を投資に回す、自分の好きな銘柄を買う

2016年4月20日水曜日

独り言

毎月一定額を投資に回す。

自分の好きな銘柄を買う。


毎月決められた金額を投資に回すことにはメリットが幾つかあります。

絶対にその金額がいるので節約を考える、長期投資のモチベーションが保てる、ということです。



タイミング投資は難しいですし、タイミングを考えても上手くいくかどうかわかりませんので、無駄に終わることも多いです。

というかタイミング投資をやらなければ良かったと思うことは多々あります。

また毎月、株を買うのはモチベーションの維持にもつながります。

例えば一年に一回しか株を買わないとなれば、多分「もういいや」という気持ちになると思います。

かといって一週間に一回なら多すぎて、これまた「もういいや」となると思います。

一か月に一回くらいが丁度良くて、「よし今月も株を買えたな」と満足できます。

この満足の連続が長続きする秘訣だと思っています。



また長期投資には自分の好きな銘柄を買うということも必要じゃないでしょうか。

私の投資スタイルは長く続けることが条件ですから、自分の気にいる銘柄を保有すべきだと思っています。

嫌いな銘柄をずっと持てないと思いますし、逆に好きな銘柄なら長く保有できます。

なんだかんだいっても、人間ですから合理的に行動できるはずもなく、行動には感情の入り込む余地があります。



例えばタバコ企業というのは配当利回りも高く、経営者の株主還元の意識も非常に高い優良企業が多いです。

しかし申し訳ないですが、私は保有しません。(こういう投資家が多いからたばこ業界は株主意識が高い)

長く続けるには些細なことにもこだわりたいですね。


投資は自由なんですから、自分の城を作るように作ればいいと思います。

バリュー投資だといって、PER、PBRといってがちがちに固まった銘柄だけでは面白くないでしょう。

自分の考え、好みがあったほうが長続きしそうですね。