米国株が順調に値を上げている。

2016年6月12日日曜日

独り言

NYダウが18000ドルを回復しました。

4月27日以来の18000ドル台のようです。

6月の利上げがないといった予想や原油価格の上昇といったことが理由のようです。



私が株を保有する、PG(P&G)、KO(コカ・コーラ)、T(AT&T)も順調に値を上げています。

ここ数日この3銘柄上昇率がダウ平均よりも高いと感じていたので、何か理由があるのかと思っていたら、マネックス証券のレポートで、

「金利低下を好感し、公益や生活必需品などの高配当利回り銘柄も上昇。」

とありました。

やはり低金利下では高配当銘柄に人気があるのだなと感じました。

シンプルなロジックですが、強力なロジックですね。



雇用統計前の米国の利上げが6月か7月にあると思われていた時も、株価は上昇していました。

雇用統計の結果を受けて利上げ観測が無くなりましたが、利上げがなくても株価は上昇する。

今、基本的には米国株は順調なんだなと感じます。