株式市場の混乱、ありがとう!

2016年6月30日木曜日

独り言

株式市場、金融市場が混乱しています。

私は今回の騒動にありがとうと言いたい。



長期的に株価が上がると信じるのならば、株価が下がるというときは、株を安く買えて将来のパフォーマンスを良くする時期、と言えると思います。

逆にこういう時期に株を買わず、株価が良いときだけに株を買っていたら、将来的なパフォーマンスは期待できません。



天変地異が起きたようなときは株価どころの話ではありませんが、今回の危機の発端は英国のEU離脱にあります。

それ以前も不安はくすぶっていましたが、英国の問題がきっかけとなった。



しかしよく考えてみると、今でも英国民は普通に生活しています。

国民投票以前と何か生活スタイルや給料など変わったのかなと思います。

普通に出勤して会社に行って、仕事して帰ってご飯食べて、普通にテレビ見て。

英国の学校がなくたったなんて話は聞いていないし、死人が出たなんて話もない。

多分、電力消費量も変わらないし、食べる量も変わらない。

何も変わっていない。

まして日本や米国は何の影響が?と思うですが、、、、。



正直、勝手に金融市場とマスコミがばか騒ぎやって、為替と株価が変動して企業の業績に影響を与えるという影響の方が大きい。

実際は何も変わっていない。

天変地異が起きた時のような危機なのか?

英国に影響が出てくるのはこれからでしょう。

それにプラスの影響もあるかもしれない。

ポンド安は英国製造業にとってプラスでしょう。



バフェットさんは「市場が間違うから金持ちになれる」と言いますが、本当に人々の生活を壊すような危機なら別ですが、今回のように市場が間違えてくれたなら、私のような普通人間でも金持ちになる道があるかもしれません。