世間に流されず投資を続けたい。

2016年6月13日月曜日

独り言

今の世の中、
「頑張ろう」
ということがあまり流行らない時代のように思います。。

頑張らない宣言ではないですが、頑張るとうつ病になるとか、頑張ってどうするの?意味ないよ、というような感じ方があるように感じます。

何か勉強しなくていいとか、頑張らなくていいとか、世の中にそういう風潮が広まっているのかな。

自分へのご褒美じゃないですが、ちょっと頑張ってのご褒美なんて、シリアに住む人などの不幸な人と比べると、基準が甘いのではないかという気がします。


私は少しは頑張りたいと思っています。

バフェットじゃないですが、日本に生まれた人は、その時点でかなりのラッキーを背負っています。

社会体制、インフラなどなかなか充実して安定しています。

米国個別株に簡単にアクセスできる環境なんて、世界にどれだけあるのでしょうか。

少しは苦労、努力を買ってでもしないと、バングラデシュで洪水被害にあって家を失い、何の補助もない人たちに対して、どんだけ楽してんだと。


なんだかんだいっても、日本でも頑張った人が世の中では上位にいっている気がするし、認められているような気がします。

頑張る価値、というのは何時の時代も不変のものだと思います。

確かにラッキーな人も中にはいますが、総じていえば努力した人は良い思いをして、努力しなかった人は大変なことになっていると生きている中で感じます。(もちろん仕事だけの話ではない。生活・健康等含め)


私は仕事もそこそこ頑張って投資金を作って、投資に回していくのは普通の人ができる、それなりの道だと考えています。

本当は事業など起こして成功するのが、見返りも大きいのでしょうが、それは無理だわと。

そこは勘弁してもらって、そこそこ仕事がんばりましょうよと。

日本の国際的な地位低下と、日本に溢れる自分へのご褒美風潮は無関係ではないと思いますね。(よそは頑張ってんでしょう)

世間がどうなろうと世間の自由ですが、私は毎年所得が上がるように投資を続けたいです。