状況は混沌としているが、粛々と株を買いたい。

2016年6月8日水曜日

独り言

経済の状況は混沌としています。



日本では消費税増税が延期になりましたし、米国でも雇用統計の数値が悪かったです。

増税延期は良かったのか悪かったのか、雇用統計の数値もさまざまな見方があります。

ただ言えることは経済の状況は依然、混沌としているということです。



今の状況を踏まえて、株価もどっちつかずの展開が続いています。

米国株価は高値付近でもみ合い相場ですし、日経平均は相変わらず乱高下を繰り返しています。



こういう時だからこそ、私はしっかり腰をすえて株を買っていきたいです。

私は世の中から株式会社は無くならない、という考えを持っていますので、悪い状況になればむしろ買いのチャンスだと思っています。

今は世界的危機があるような状況ではないですが、前を向いて、どういう経済状況か理解をして粛々と株を買っていきたいですね。