バフェット、ウェルズファーゴの保有比率を引き上げへ!

2016年7月8日金曜日

個別銘柄

バフェットさん率いるバークシャーハザウェイがウェルズファーゴの保有比率を引き上げる、というニュースが出ていました!(リンク先はロイターですが、記事の扱いは一行くらいです)

FRBが7月1日に明らかにしたようで、バフェットさんくらいの大口になると保有比率を引き上げるのにも申請が必要みたいです。

マネックス証券の個別企業ニュースでは、

「保有比率を10%に引き上げれば、当局による一段と厳しい監視を受けることになる」

とありましたが、重要なところはそこでなくて。




バフェットさんはまだウェルズファーゴを有望と見なしているということです。

つい最近のバークシャーのポートフォリオ(マネックス証券より)でもウェルズファーゴ(以下WFC)は上位を占めていましたが、最近は株価も低調気味で低金利状況にもあるし、バフェットさんはこれからWFCをどう扱うのかと気になっていました。

というのもつい先日私もWFCの株を購入したからなのですが、バフェットさんがWFCを持っているというのも購入理由の一つです。

バフェットさんの判断に間違いは無い気がしますので、まさかWFCを売ったりすれば、、、。

実はバフェットさんのポートフォリオも歴史の中で結構変わっています。



しかしまだバフェットさんがWFCのビジネスを買っているということが分かりちょっと安心しました。

やはりよく言われるように、ウェルズファーゴのビジネスは健全でマージンの高いものとなっているのでしょうね。