このブログを検索

7月の銘柄割合。WFC、KOを購入。

2016年8月4日木曜日

保有株状況

7月も終わり、7月度の株式の保有割合を計算してみました。

新規購入はウェルズファーゴ(WFC)とコカ・コーラ(KO)で、保有割合が上昇しました。

日本株の方はオリックス上昇、伊藤忠下落となりました。




米国株  PG 31.83%   KO 8.89%   T 9.43%   WFC 6.74%  米ドル 0.09%

日本株  オリックス 25.90%  伊藤忠 15.61%  みずほ 1.52%

となりました。



7月は日本の参議院選、米国雇用統計の驚くほど良かった数値、またブレグジットの過度な悲観からの回復、といったことが市場を形成したような気がします。

リスクオンからの利益確定売り、それからダラダラ、、、。

といった感じでしょうか。



私の保有状況にも変化がありまして、7月にWFC、8月に入りKOを購入しました。

WFCは前から狙っていたのですが、KOは株価が下がったので思い切って。

KOを買うとは思っていなかったですが、機械的にいった方が良いのかなと。



割合を見ると、やはりPGの割合が一番多いです。

PGの業績は一進一退のような気がしますが、株価は堅調でじわじわと上がっている。

私はPGの保有割合が多く、しばらく新規購入も考えていないのでいい状況です。



これからはKO、T、WFCの3銘柄の中から、状況を見て買い増していく感じでしょうか?

新たな銘柄購入はどうかな~と思っています。

最近はアメックスとかダウ・ケミカルはどうかと思っていますが、イマイチ決めかねる状況です。



日本株の方は相変わらずのジェットコースターです。

オリックスが値を戻したと思ったら、今度は伊藤忠が急落。

なにやら米国のヘッジファンド?が売り推奨を出したとか、、、。

決算の内容に不備があったり、偽装じゃないかと疑われているようですが、、、。

どうなんですかね、わけがわかりません。

しばらくほっとこうと思います。



7月も順調に資産が増えましたので、8月もこのペースでいきたいです。