このブログを検索

9月の投資戦略とNISA枠枯渇

2016年9月12日月曜日

独り言

NY株急落の中、今月の投資戦略を練ろうと思います。

株価が急落しても、やることは一緒ということで今月も株を買いたいと思います。

今月はウェルズファーゴ(WFC)を買うのをやめて、AT&T(T)を買い増そうかなと思っています。

WFCもかなり割合が増えてきましたし、Tの株価、配当利回りもかなり良い水準にまで戻ってきています。

元々は高配当再投資戦略を掲げていますので、本分に戻ろうかなと考えています。



ただ実はNISA枠が無くなりそうで、今月買ったら枠が埋まりそうです。

私は米国株配当再投資戦略をするのなら、絶対にNISA枠がいいと思っています。

NISAではなく、普通の口座で株を買うと20%の税金が課せられることになります。

(本当は米国10%+日本20%の30%税金が課せられるが、米国分10%は確定申告で取り戻せる)

NISA枠の場合が10%。



20%課税と10%課税ではかなりリターンに差がつくものと思われます。

20%でも米国株の場合はリターンはあると思いますが、どうせやるなら10%の方がいい。

それに20%の課税になるには、面倒くさい手続きが必要で私のように取り戻せるお金が少額になる場合、そこまでする動機が起きない。



ですのでNISA枠を使い切った後、資金をどうしようか悩み中です。

来年に向けて資金をプールするのが無難だと思いますが、基本ギャンブル好きなのでそこまで我慢できるか、、、。

10・11・12月と3か月間も我慢できるのか、、、?

3か月間だけ、短期売買に手を染めるのも面白いかもしれません。

期間限定・短期投資家ブックというのも面白そうです。