マイポートフォリオ、株価の明暗がはっきりしてきた。

2016年9月24日土曜日

独り言

私の保有する株式の明暗がはっきりしてきました。

概ね、業績に左右されているのかといえばそうでもなく、やはり短期的には振れるんだなあという印象です。

買った時期が違うので一概には言えませんが、

PG +10.78%

KO -1.61%

WFC -5.12%

T +5.95%

となっています。



正直、PGの株価がここまで上昇するとは思っていませんでした。

しかし一番保有割合が大きい銘柄ですので、非常に助かっています。

業績的には若干の不振から、若干の成長モードに回帰したという状況のようです。

どちらにしろ、「若干」でして、変化が低い銘柄と思っているので、ここまで上昇するとは思っていませんでした。



KOの株価は上昇することが出来ずにいます。

やはり業績の伸びもパッとしないし、人々の頭の中に、「このご時世、炭酸はねえ、、、」というイメージがあるのかもしれません。(WFCもパッとしないし、バフェット銘柄は今のところ不振です)

PGが上がったのなら、KOも同じようなものだと思いますが、不思議なものです。



WFCは低迷しています。

利上げ期待が剥落し、ここまで下げたかという印象ですが、追い打ちをかけるようなWFCの不正問題は痛いです。

堅実なビジネスモデル(WFCは堅実といわれている)→トレーディングではない貸し出し・手数料業務→それゆえにその部分にかかるかなりの利益圧力→従業員の不正

こうなると、トレーディングの方が堅実なビジネスなのか、貸し出し・手数料ビジネスが堅実なのかわかりませんね。

日本でも低金利での貸し出しは不動産関係が多いようですし、貸し出し業務はなかなかむずかしくなっているのかもしれません。



といってWFCの株を売るつもりもないのですが、非常に株価は急落しそうな感じがします。

44ドルを割って、40ドルくらいいってもおかしくない状況です。

しかし年末にかけてまた利上げ期待で買われるのかなあ。



Tは私は一番期待していた銘柄ですが、5.95%です。

高配当ですから印象がいいんですよね。

利益率は低いのであれですが、ディレクTV買収で効果が出ていますから、期待しています。



米国株を持ってまだ時間もそんなに立っていませんが、やはり株価の違いが出てきています。

上がると思っていた株価がそんなに上がらず、上がらないと思っていた銘柄が上がっていますから、自分の予想の外れ具合に感服します。

これからは上がらなそうな銘柄から選んだ方がいいのかなあ。