このブログを検索

辛抱強さや冷静さは、知能指数よりも重要かもしれない~ウォーレンバフェット~

2016年11月29日火曜日

独り言

辛抱強さや冷静さは、知能指数よりも重要かもしれない。

~ウォーレンバフェット~

この言葉はバフェットさんの有名な言葉ですが、投資を長くやっている人には頷ける言葉ではないでしょうか。

投資で重要なのは、銘柄選択とか売買のタイミングよりも、むしろ自分の決めた投資スタイルを守り通すことではないでしょうか?

もちろん銘柄選択、売買のタイミングは大事です。

しかしそれも自分のスタイルを守ってこそ生きるものだと思います。



例えるなら、今の上昇相場でディフェンシブ銘柄は全く上昇していません。

その買われていない銘柄を売って、上昇している銘柄を買うという行為です。

または株価急落中に狼狽売りする行為です。



過去の米国株の動きを見ると、S&P500指数のETFを持っていれば儲かっていたわけですから、ただ辛抱強く、冷静に株を買い持ちしていればいいわけです。

なのでまずは変なことをしない、辛抱強さや冷静さが必要だと思います。

それを持ったうえで、良い銘柄を選択する知能指数が有ればいいなと感じます。