今月は久しぶりに投資ができる!12月の投資戦略。

2016年12月2日金曜日

独り言

12月は久しぶりに投資が出来そうです!

NISA枠復活の狼煙を上げ、早々に投資いたします。

やはり毎月優良資産を買わないと、気分が乗りません。

いや~、嬉しい!

たまにギャンブル依存症なのではないかと思いますが、若干そういうところがあると思います。笑

投資家とギャンブラーは紙一重です。

投資というシビアな世界では結果が全てなんでしょうか。

株で買った人は投資家と褒められ、負けた人はただのギャンブラーと言われそうな気がします。

投資家とギャンブラーでは大違いで、かっこよく投資家と言われるように頑張りたいです。( `ー´)ノ



今月はトランプラリーの継続に焦点があつまりそうです。

利上げは確実で既に織り込まれ、FRBの政策決定会合はそんなに材料視されないように思います。

むしろ噂で買って事実で売れ、ということで利上げが決定した後に、ドル高が反転する可能性もあると思っています。

それでもトランプ期待の方が根強ければ、FRBの利上げは無風で終わる可能性もあります。



まあそれでも12月26日にNISA枠が復活するようなので、ここで買いに行きます。

今月はHDVとシスコ(CSCO)、サザン(SO)を買おうと考えています。

HDVは高配当ETFですが、チャートを見るとS&P500にもけっこう連動していますので、まあ配当特化型のETFという性格だけではないと思います。

75銘柄くらいに分散していますので、やはり市場平均と似たような動きになりますよね。

私はこれをポートフォリオの核にしていこうと考えていますので、早々に買っていきます。



シスコはダウ平均採用のハイテク銘柄です。

ハイテクセクターの銘柄が欲しかったこともあります。

安定を求める投資家がハイテク銘柄を買うとしたら、IBM、MSFT、シスコ、クアルコム、インテル、ちょっと飛んでアップルじゃないでしょうか。

配当金の出し方はすでに普通の安定した企業に似ています。



SOは安定の公益企業です。

米国債の利回り上昇でかなり売られております。

安くなっていると思うので気になります。



というわけで、今月は久しぶりに米国株を買っていけそうです。

配当再投資戦略は非常に効果が高いと実感しつつあるので、このまま優良高配当銘柄を買って、再投資していきたいです。