米国、通信業界がもうとんでもないことになっている!

2017年5月14日日曜日

AT&T 個別銘柄

米国株のAT&T(T)株を保有しています。

それで米国の通信業界のニュースについ聞き耳を立ててしまいますが、最近の通信業界のニュースはたて続け、それに大きなニュースばかりです。

正直、こんなことってあるの?と思ってしまいます。


私も仕事をしていますが、経験上、忙しい時にさらに忙しいことが舞い込んでくる、ということがあります。

今の通信業界のニュースにそんな感じを抱いています。



私が大事だなと記憶していることを並べていくと、

1.2016年10月 Tがタイムワーナー(TWX)を買収すると発表。超大型の買収として話題になりました。まだ実現には至っていませんが、実現する可能性が高いようです。

2.ベライゾン(VZ)のヤフー買収。ヤフー(YHOO)買収して効果はあるのだろうかと感じています。

3.コムキャスト(CMCSA)の通信事業参入。既に囲っている既存客に、他の事業者より安い通信サービスを提供するようで、顧客はとりあえず確保できそうです。他の企業にとってはかなり脅威です。

4.VZとTが同業のストレース・パスを巡って買収合戦。ストレート・パスという会社は次世代通信で使う周波帯を多く持っている会社のようです。で、結局VZが競り落としたようですが、約31億ドルという大金をはたいて買うようです。いや、マジで大丈夫なのか?キャッシュ的にやばい気がするのですが、、、。

5.ソフトバンクが子会社スプリントとTモバイルの統合提案。これには驚きました。孫社長のスケールの大きさに自分のち〇この小ささを見せつけられました。この競争の激しい今の時期に、さらに攻めていこうとする姿勢が凄いです。孫社長なら何かやってくれそうで期待しています。相手のTモバイルも統合も選択肢の一つみたいなことを言っているようですが、当局次第といったところでしょうか。ただ孫社長はトランプさんと面識があるし、雇用も拡大すると言っていたので、心証は悪くないような。



ちょっと競争激しすぎじゃないでしょうか、ダイナミック過ぎる。

どこまで価格競争が進むんだよ!って言いたいくらいです。

いや~、最近通信セクターの株価がとても冴えませんが、分かりますね~。

実はスプリントあたりが潰れるんじゃないかと思っていたんですが、もし合併が成功すると、VZ・T・スプリント+Tモバイルという3強体制+コムキャスト、っていう業界勢力図になるのでしょうか?

いや~、凄いとしか言いようがないわ~。

日本じゃ考えられない。