HDV・米国高配当株ETF。組み入れしたいETF。

2017年5月18日木曜日

ETF 個別銘柄 独り言


最近、私のポートフォリオには組み入れ銘柄が多いんじゃないかと思うようになりました。体力の限界を感じたので、ETFの力を借りようかなと思います。


チャールズエリスの「敗者のゲーム」やジェレミーシーゲル教授の「株式投資」は人気がありますが、私はジム・クレイマーもかなり好きです。「ジム・クレイマーの株式投資大作戦」は名著です。この本でジム・クレイマーは「一銘柄につき、週に一時間は勉強するべきだ」と言っています。


で、私の能力だと現時点の米国株保有6銘柄を見る時点で、少しきつくなってきました。日本株も入れると8銘柄で、優待目的のオリックスなんて全く見ていません。


千代の富士は私にとって最強の横綱で強かったですが、やはり体力の限界があるように、ウルフの足元にも及ばない私には能力の限界があるようです。


そこでETFが有望な選択肢に上がります。色々考えると、やっぱりETFはいいなあと思います。以前HDVを積極的に買っていこうとした時期がありましたが、個別銘柄に興味を惹かれ少し購入意欲が減退しました。しかし能力の限界を超えつつある今、再びMy Portfolioに組み入れるべきではないかと思いました。


で、上記の表がHDVの組入れ比率上位トップ10です。素晴らしいです。これからシェブロンとVZかTのどちらか一つで合計2つを抜けば、素晴らしいポートフォリオが出来そうです。


よく比較されるVYMはマイクロソフトが1位だったり、金融銘柄が多かったりしますね。銘柄数もHDVは約80、VYMは約430銘柄とけっこう違う。


私は運悪く、パフォーマンスの悪いHDVを買ってしまったために今またHDVを買おうと思います。縁は大事ですからね。まあETFだけでは少し刺激に欠けるので、ETFの割合を最大10%くらいを目安に投資しようと思います。


理想のポートフォリオにはまだ遠い、、、。