高配当・連続増配銘柄のAT&Tを購入!2017.7月米国株定期購入。

2017年7月31日月曜日

AT&T 個別銘柄 売買履歴


今月は高配当銘柄のAT&Tを購入。


今月も毎月投資の日がやってきました。私は毎月の月末に米国株を定期購入するようにしています。今回はAT&T(T)を購入しました。


Tは今月2回目の購入になります。一度目は7月20日にTを購入しています。米国高配当ETFのHDVを売ったお金でのTの購入です。HDVを売ったお金ではIVVなどの市場平均ETFを買う予定でしたが、Tのあまりの高配当ぶりについつい購入してしまいました(ちなみに5.4%。我慢できませんでした( `ー´)ノ)。



決算炸裂でAT&T株、大幅上昇!


その際に購入した分は、Tの決算による強烈なパンチ炸裂で、7%ほど上昇しました。たまにはこういうこともないとやってられません。焦らせるのが上手いTです(´・ω・)。(ちなみに通信セクターは年初来ではまだマイナスです(涙))。


今回購入した分については、7月26日に37.48ドルで購入成立しました。Tの株価が5%上昇した後だったのですが、購入後少し株価は上昇しました。



今回の購入により保有割合10%の目安に到達。


私は一銘柄10%を目安に銘柄を保持しようとしています。今回のTの購入により、10%くらいになっているんじゃないかと思います。



1つの銘柄に入れ込み過ぎるのはやめておく。


私はAT&Tが高配当銘柄のため、かなり好意的に見ています。があまり入れ込み過ぎるのもいかんなとも感じています。


今回の決算の感想は、要約すると、それほど悪くなかった、Tの業績は落ち込んではおらず横這い、だったと思います。ならば、今の横這い状態からタイムワーナーの買収が完了すると、携帯やストリーミング放送の契約者数が伸びて業績はアップするんじゃないかと考えました。もしそうなるならば、それを織り込む前の今が買い時か?と考え、保有比率を20%くらいにしようかと思いました。


実際のところ、Tやベライゾン(VZ)は急激に買われたといっても、まだ年初来では売られている状況です。ここからさらに株価の上昇する可能性もあるのでは、との考えもあります。


が、結局やめました。まあちょっと待てと。あまり1つの銘柄に入れ込み過ぎるのもよくない、と考え直しました。


米国の通信業界はVZやTモバイルが契約者数を大幅に伸ばしていますので、Tだけ一人勝ちというのはあまり考えられない。エンターテイメントとのセット販売をしても。


エンターテイメント事業の方も、ネットのストリーミング放送で競争するのはネットフリックスとかコムキャスト、またアマゾンとかでしょう。映画ではマーブルヒーローズのディズニーなど。怖ろしいほど強い相手が控えている。競争相手は強力です。がつがつとTだけがやられる印象もないですが、そんな業界の雄たちと戦かわないといけないわけですから、、、。他に買いたい銘柄もあるので、とりあえず分散投資が吉だと思いました。



Tの購入は、とりあえずこれにて終了。株価上昇を期待。


まあ、これでTの保有割合も10%になったことですし、しばらくはTを買い増すことはないと思います。一旦Tに関しては放置プレイを楽しもうと思います。5%以上の配当利回りで買えたので、それで結構満足しています。後は株価がうなぎ登りに上昇してくれればラッキーです。(しかしいつものTの値動きに戻るというのがオチと予想。)