P&G、まだ信用できない部分が。P&G2017.Q4決算より。

2017年8月18日金曜日

個別銘柄



P&G、2017.Q4決算は予想を上回る。


P&Gが先月に決算発表をしています。決算発表時はなかなか慌ただしいので、後で落ち着いて見るようにしています。上記の表は、年ごとの業績の推移です。


今回の決算で思うのは、「P&G良い方向に行っているみたいだけど、少しまだ信用できない?」ということです。


良い方を見ると、今回の決算発表の数値は市場予想を上回っていたり、売上高は為替の影響を除くと前年比で上がっていたり(+2%)、コスト削減の影響か営業利益率も上がっていたりと悪くないように思います。これから業績が右肩上がりの展開になるのかもしれない、という期待を抱かせます。



一方でまだ充分に信用できていない。


発表された内容や、会社の言う2018年の見通しを見ると、悪いようには見えないのですが、若干まだ信用できない部分が残るのも正直なところです。


本当に売り上げ回復するんかな?と。


冒頭の表を見ると、売上高は右肩下がりです。確かに会社の言うように2017年で下げ止まり、これから増えるのかもしれない。がこの表の今までの数値も一応の事実ですから、顔をそむけることもできない。


また少し気になるのは営業キャッシュフローが2017年減少していないか?ということです。結局最後はキャッシュフローですから、何とも気になる数値ではあります。2016年までは変わっていないので、むしろ安心感はあった。



P&Gのことだから大丈夫だとは思うが。


まあPGのことですから、そんな心配も杞憂に終わることが限りなく高いと思うのですが、何の理由もなく物言う株主が乗り込んできたりはしませんので、少し心配しています。PGの株を売るようなことはないのですが、少し気になりました。


しかし今の利益率のまま、売上が徐々に上昇していくのなら、それは素晴らしいことだと思います。それに期待しています。