高配当銘柄・ドミニオンエナジー(D)株を購入!2018年1月の米国株定期購入。

2018年1月27日土曜日

売買履歴



・2018年1月はドミニオンエナジー(D)を購入!

今月も米国株の定期購入の時期がやってきました。購入した米国株銘柄は、

  • ドミニオンエナジー(D)
です。公益株で高配当銘柄です。もう安定のド定番です(と自分では思っている)。

公益株を買うか買わないかでその人の性格、投資スタイルが分かるような気がします。どちらがいいというわけではないですが、公益株を買う人は、より配当金信奉が強い人なのかもしれない。(ちなみにシーゲル教授の本には、公益株は市場平均よりリターンが低かったという慟哭の事実が書かれていた(*´▽`*))

しかし25日の米国営業日にドミニオンエナジーの株が1.5%上昇したのに少し腹が立ちましたね( ゚皿゚)::。配当権利日が絡んでいたかもしれません、、、。26日に株価は下落しています。ちなみに私は26日の高値(25日の高値と変わらない値段)で購入してしまいました、、、。こういうところは自分でも流石だなと思います( `ー´)ノ。


・ドミニオンエナジーを購入する理由

Dを購入する理由としては、
  1. 米国株高のなか、公益セクターは逆行しているので買い妙味があると思った
  2. 配当利回り約4%と高配当
  3. 2020年までの増配率を10%と発表している
  4. 株価下落時に強そうなので
といったことが主な理由です。(「D」という単語を見ると、ワンピースの「Dを継ぐもの」を連想し少しかっこいい。しかし当然株とは何の関係もない)

配当を重視する私の投資法では、公益セクターの銘柄は避けて通れないですね。先ほどシーゲル教授の本でリターンのことを書きましたが、株価の大幅な上昇というのは期待できないかもしれません。しかし配当金の安定や高利回りというのは私にとってかなり魅力です。

どうなんでしょうか、やはり公益企業で配当再投資をしても市場平均のリターンには劣るのかな?

10%の増配率で、現在の配当利回りが4%。けっこうオイシイと思いますが、まあ「公益」企業なので馬鹿みたいに値段を上げられないでしょうから、業績の伸びは自ずと限られるのかもしれません。

あとDの購入は米国株の調整というのも少し頭にいれました。過去の実績を見るとDよりサザン(SO)の方が株価の下落場面では強かったですが、SOだと少し守りに入り過ぎかなと思ってしまいました。増配率はDの方が高いし、過去の株価上昇もDの方が高い。しかしDも公益株なので、他の業種よりは株の下落に強いのかなと考えています。


・イケてる銘柄ネットフリックスと悩む

今回は実はネットフリックスかドミニオンエナジーかで悩みました。今回のネットフリックスの決算は私はかなり衝撃的でした。
私はネットフリックスは今よりもっと凄い企業に成長する可能性が高いと思います。ディズニーくらいになってもおかしくはないと。ネット配信は契約料が日本ではスタンダードで950円。激安でしょう。それで見たい時にみれるという。私からすればかなり良いサービスだと思います。

契約者がガンガン増えて、ネットフリックスのオリジナルコンテンツを見れば、そのオリジナルコンテンツのブランド価値は高まります。その権利はネットフリックスが持っているのだから、配信業者とコンテンツ業者を兼ねるネットフリックスは自ずと凄い企業に成ると思います。AT&Tがやりたいことをすでにやっている感じです。

が、最近のネットフリックスの株価の上がり方が異常だったのでやめておきました。ネットフリックスの株価が調整したら買おうと思います(そんなことをいって調整したことなどありませんが)。Google Financeには早速ネットフリックスを「Add To Portforio」しておきます。(/・ω・)/


・目先の配当金も私には大事

しかしドミニオンエナジーの配当利回りもかなり魅力的なんですよね。投資の目標が「配当金で収入を増やす」ということも関係しているのかもしれません。実際に配当金としてお金を貰うということも大事な価値観なんでしょう。

ごちゃごちゃいわずに、安定の公益で高配当株。しかも増配率はいい。最高です。