ブルーエプロンの株価急落!2018年3月の株式保有状況。

2018年4月4日水曜日

保有株状況


3月はいいとこなし!


3月の米国株投資はいいところがありませんでした。おそらくほとんどの人がそうなのでしょうが、特に私は悲惨でした。主力銘柄のブルーエプロン(APRN)の株価が急落したからです。


新規で株式投資していないにも関わらず、ブルーエプロン(APRN)の割合は先月の35%から31%に減少。他の銘柄の株価も下がっているはずなのに、ここまで割合が下がるという様相。全くのダメダメでした。


強いていいところを探せば、やはり大型のディフェンシブ銘柄は株価下落時には強いということが分かったことです。国債の利回りによりディフェンシブ銘柄に売りが入っていたのですが、最近はその動きは和らいでいるように感じます。


株価は下落しているのですが、ハイテクに比べればディフェンシブ銘柄は下落のスピードが遅い。ようやくディフェンシブ銘柄の本領を発揮しだしたかなという印象です。特に公益株は強いですね。




4月は新規銘柄を購入する予定


もうマイポートフォリオは、いかんともしがたい状況に追い込まれていますが、もう何もしないつもりです。ブルーエプロン(APRN)への投資で、いらんことしない、という教訓を得ました。下手に何かしても良くなるということはない。ブルーエプロン(APRN)も放置です。優良企業のバイアンドホールドだと思います、基本は。


一発逆転狙うのもいいですが、ブルーエプロン(APRN)への投資は時期も割合も集中し過ぎました。ほどほどに買っていけばよかったです。


まあそんなこんなで4月は新規投資をします。2018年初めにいろいろやったせいで、NISA枠があと30万円しかない。2018年は反省の気持ちも込めて、30万円だけ投資しようと思っています。馬鹿なことをすると少ししか投資できないぞ、という自戒の念を込めて。


もう一発逆転銘柄のブルーエプロン(APRN)の割合を下げるために、配当再投資用の銘柄を買おうと目論んでいます。狙っているのは、ユニオンパシフィック(UNP)、3M(MMM)、オートマチック・データ・プロセッシング(ADP)、メドトロニック(MDT)あたりです。


配当再投資用の銘柄を20ほどピックアップしているのですが、その中の配当利回りの低い銘柄から買っていこうかなと考えています。このあたりの銘柄は増配率も高いので、買うなら早い方がいい。


買ったらもう二度と売らないつもりです。