このブログを検索

フィリップモリス(PM)を購入!2018年4月の米国株定期購入。

2018年4月29日日曜日

売買履歴

前回、投稿したブログ記事で「ブルーエプロンの翌日の株価が気になる」と書きましたが、案の定マイナス7.52%の株価下落でした。やっぱり。ほんの少し夢を見させてもらいました。ありがとう、APRN。( `ー´)ノ


さて、今月は米国株を購入いたしました。年初にNISA枠をごちゃごちゃ混ぜ繰り回して、NISA枠があまり残っていないので、米国株をあまり買えない状況です。年内あと2回だけしか買う予定はありません。残念!!

そんな貴重な米国株投資枠ですが、今回購入した銘柄は高配当銘柄のフィリップモリス(PM)です。株価急落で、米国株投資家が恐れおののいた銘柄を購入しました。


PMを購入した理由

PMを購入した理由ですが、
  • 配当利回りが高い
  • 株価が下落している
  • たばこを吸う人はいなくならない
というのが主な理由です。当然、フリーキャッシュフローを当然のように生み出しているとか、連続増配銘柄というのは前提としてあります。

PMの現在の配当利回りは5.18%です。株価は高値より約30%下落しています。



まあ、とにかく株価が相当に下落している銘柄だということです。株価が下落しているから配当利回りが上昇している。

これだけ株価が下落しているのには理由があるのですが、一般的に
  • 米国債利回りが上昇しているので、高配当株に逆風
  • PMのIQOSが思ったように売れていない
ということが言われています。

しかし私はそれらのことにあまり関心がないです。

PMの配当利回りが現時点で高いのは事実だし、国債の利回りは関係ないです。PMは連続増配銘柄なので、これからも配当金額が上昇する可能性は高い。国債の利回りは下がる可能性はあるというか、下げるのは必然じゃないでしょうか。

IQOSが思ったほど売れていないというのは事実かもしれませんが、だから何なのでしょうか。全体の売上や利益があがればいいと考えています。紙巻だろうがIQOSだろうが、どちらにしろ体に悪いのは変わらないです。個人的にはIQOSを通してタバコを吸っても体には間違いなく悪いと思います。

ただタバコは値段あげても吸う人がいる。それだけでいいんじゃないでしょうか。

配当利回りが高く、業績は底堅い。それだけでいいと思います。


株価が再び下落する可能性はかなり高い

PMの株価はこれからも下落する可能性は十分にあります。

「もう下げ止まっただろう」からの再び大幅下落、というパターンがいかに多いことか。非常に嫌になるパターンですが、結局、株価の底なんて分からないというのが分かる体験を何度もさせてもらっています(;´д`)。

経験的にこれから下落してもおかしくはないな、と思いますが、もうそれはそれでもうどうしようもないなと考えています。

PMは十分に魅力的な銘柄だ、ということで満足したいと思います。