このブログを検索

含み益は保つも資産急減!!2018年7月の資産推移。

2018年7月31日火曜日

資産推移




ブルーエプロンの株価急落


まだ7月31日ですが、7月の資産推移の記事です。

7月は私の主力株である、ブルーエプロン(APRN)の株価急落により、資産は急減しました。

6月の総リターン124.43% ⇒ 7月の総リターン117.34%

まだ含み益は保っているものの、資産がかなり目減りしました。

先月までのブルーエプロンの株価上昇の勢いは何処へいったのやら。

先月まではブルーエプロンの株価は上昇していたので、このまま過去最高の資産を更新するのかと内心は期待していたのですが、そんなことはなかった(_ _。)。

そうそううまいこといかない、そんなもんです。(人生を悟る、、、┐( ̄ヘ ̄)┌)




ブルーエプロンの株価はホントにあっという間に30%下落しました。

7月12日には4ドル付近までいったのですが、7月27日の終値は2.76ドル。

一気に駆け下りました。ほんとに駆け足です、、、ほんとにあっという間だった。

5月3日の好決算以来、一気に上昇したので、いずれ下落もあるだろうとは思っていましたが、ここまでのスピード調整とは想像していませんでした。

少しも下げ止まる気配なかったですから。小型株のすさまじさ、とくと拝見です。

よほど好きな方じゃない限り、あんまりこういう銘柄には投資しないほうがいいかもしれません。




7月はAT&T株を新規購入


しかし私が保有する高配当銘柄は、少しだけ資産が回復しました。

じゃっかんですが、ブルーエプロンの株価の急落のショックをやわらげてくれています。

IBM、ドミニオンエナジー(D)、ゲームストップ(GME)の株価は上昇。

高配当銘柄に少し追い風が吹いてきたかな。




そんな中7月は米国株の新規購入銘柄として、AT&T株を購入しました。

AT&Tは高配当銘柄ですが、追い風はまったく吹いていません。

ただAT&Tの6%を超える配当利回り、連続増配銘柄が追加購入の動機です。

ブルーエプロンの株価のあの急激な変化を見せられると、少しああいう銘柄への投資は控えたほうがいいかなと感じました。もういいよという気分になる。

自分にはやはり配当金狙いの投資があっているのかなと。もう少しマイルドな動きのほうが。

配当金狙いの銘柄を購入していっても、マイナスにはなっていないです。

むしろS&P500と同じようなリターンを出していたりする。

長い目で見ると、高配当投資のほうが、精神的、株価の動きともに安定的なので、楽に続けられるのかもしれません。




8月2日はDデイ


ただやっぱりブルーエプロンの行っている事業、ミールキットの販売は将来性があると感じるので、今保有するブルーエプロンだけは手放したくない。

新規購入はしないにしても。

ブルーエプロンの株価がいつか安定的になるまで、頑張って保有するしかないかなと感じています。

8月2日には運命のブルーエプロンの決算発表があります。分かれ道になるかもしれません。