このブログを検索

【書評:超「超」整理法】絶え間ない進取の精神がポイント

2018年7月16日月曜日

書評 独り言


タイトル超「超」整理法
内容効率化、自己啓発
著者野口悠紀雄
読みやすさ★★★☆☆
ためになる★★★★☆
面白さ★★★☆☆
コスパ★★★★☆
総合点★★★★☆


ベストセラーの続編


『「超」整理法』というベストセラーの本があります。今回私が読んだ本は、その続編の『超「超」整理法』という本になります。

私が読んだのはその文庫本版です。文庫本は副題が「クラウド時代を勝ち抜く仕事の新セオリー」となっていて、先に発売された単行本版の「知的能力を飛躍的に拡大させるセオリー」から変更となっています。

「クラウド」という旬なワードをタイトルに入れたかったのだろうか、、、。(単行本は2008年発売、文庫本は2012年発売)



内容としては、「仕事や作業の効率化」と「パソコンやクラウドといった新技術の登場後のモノの考え方」ということが一緒になった本です。

仕事の効率化ということだけにとどまらず、知や情報のツールが変化した時代の考え方というテーマも織り交ぜて書いています。

単行本は2008年に発売されたわけですが、個人的にはその内容は今も色あせていないと感じました。



絶え間ない進取の精神がポイント


『超「超」整理法』の前半部分は、グーグルの「Gメール」は今までの仕事方法を変える画期的なサービスだ、ということが繰り返し書かれています。

要はGメール内の情報をすべて検索できるし、忘れているような情報も検索ですぐに引き出せる。紙媒体ではそれは信じられない出来事だ、ということが書かれています。

2018年では時代も変わりグーグルドライブなどもあるので、Gメールに特別の優位性があると言えないですが、検索機能や情報を保存できる量、情報の保存の安全性、どの端末からでもアクセスできる利便性などを考えると、Gメールやグーグルドライブの画期的な作業効率化は素晴らしいものがあると思います。

これが紙の場合だと、どこにどの情報があったのか、紙という物質的制限のための情報の保存上限、紛失、情報を保存した紙がないと話にならない、という問題が発生します。

やはりクラウド上に情報を保存できるというは、革命的な出来事といっていいと思います。



私自身、このブログはグーグルのサービスを使って記事を書いています。

この文章はグーグルドキュメントで書いていますし、この記事の冒頭の表はグーグルスプレッドシートで作成しています。

そしてわからないことがあれば、グーグル検索を使うし、図をのせたい場合はグーグルフォトに図をアップロードして、そのままブログにのせます。

ただのグーグル信者かもしれませんがΣ(・口・)、便利さが自然とそうさせていると思います。

一か所でサービスが終わるワンストップサービスという言葉を聞いたことがありますが、それと同じで、グーグルサービスでほとんど完結します。これは本当に便利です。

また自動保存してくれるので、「しまった!!つい消してしまった!!!」ということがないのがいいです。いらないと思って消したけど、残しておいた方が良かった、ということってたまにあるんですよ、、、(ノ_-。)。



スマホとパソコンの両方から保存可能で、そしてその情報にアクセスできるというのはどれだけ便利なことか。パソコンから自分のGメールに情報を送信して、あとでスマホで見る、またはグーグルドライブ上に情報を保存して後で見る、ということがどれほど便利か。

しかしこの便利さや効率を得るには、新しいことを進んで学ぶ、という姿勢が大事だと思います。それが『超「超」整理法』に私が感じた一番のことです。

仕事上どうしても使わないといけないから自然と覚えた、または若い人なら最初からそういう環境にあるので、特段の努力もしないでいいかもしれません。

ただ仕事上で覚えることは技術の進歩すべてではないです。他に学んだことがいい技術の進歩はあると思う。

また若い人は最初からそういう環境があるので、最初のうちは特段の苦労もないかもしれませんが、年を取っても新しい技術はどんどんと出てくる。それについていくにはやはり自分から学ぶ姿勢を持たないといけない。

やはり考えると、新しいことを進んで学ぶ、という姿勢が、技術進歩の激しい時代だからこそますます必要になっていると思います。この『超「超」整理法』という本から、そのことを一番強く感じました。



学ぶべきことが多い本


この本は向上心のある人に向いている本だと思います。また木でなく森を見る人にも。Gメールのことを書いていて、「今さらGメールかよ」と思う人には向いていないでしょう。

この本の意見と異なる意見は当然あるかと思いますが、最初からから否定するのでは、この本から何も学べないでしょう。

この「超「超」整理法」から学ぶべき点は他にもたくさんあります。ただこれ以上書くと文字数がどこまでも増えるので、また別の機会に書きたいと思います。


アマゾンリンク:超「超」整理法 クラウド時代を勝ち抜く仕事の新セオリー 野口悠紀雄著