このブログを検索

エクソンモービル(XOM)の配当金、バリューエーション。

2018年9月21日金曜日

個別銘柄

XOMからの配当金

先日エクソンモービル(XOM)から配当金を頂きました。

XOM配当金
2018単価前回からの
増配率
初回からの
増配率
9.120.820.00%0.00%
6.130.82
XOMから配当金を頂いてまだ2回目ですが、増配はまだないです。

まあエクソンモービルは連続増配銘柄でもあるし、この業界は株主還元に積極的ですから、増配は期待できるものと思います。


XOMのバリュエーション


XOM
配当利回り3.92%
予想PER18.14
2018.9.20時点
XOMの簡単なバリュエーションです。

ただXOMなどの石油業界に関しては、PERの概念はあんまり役にたたないと考えています。

理由として、利益のぶれが激しいからです。

原油などの資源価格次第で利益が大きくぶれますからね。

石油業界は普通とは逆で、PERが高いほうが買い時だなんてことをあるブログでみたことがありますが、それも納得できます。


エネルギー、石油は安定需要

なので私がXOMへの投資を決めた理由は、バリュエーションとかではありません。

これからも石油需要は底堅いと考えたからです。


XOMを考えるうえでかかせないのが、世界の石油需要の将来だと思います。

石油エネルギーの使用量が減るからXOMのような企業は危ないのでは?

という懸念がつきまといます。

将来の石油需要をネットで調べると、いずれ石油エネルギーの需要は減るというニュースは多い。

そう考えると、長期投資には不向きなあ~なんてことを考えてしまいそうです。


ただね、私は石油ってそんな次元の話じゃないと思っているんですよね。

「再生可能エネルギーが地球にやさしいから、じゃあ地球を温暖化させる石油エネルギーはやめよう」

というレベルの話じゃないんですよ。

「コーラは体に悪いからお茶にしよう」の次元じゃない。

エネルギーって人間活動のすべてを支える、一番根源的なモノなんですよね。

人間に必要な食料を作るのにもエネルギーは必要です。

それをいかに安定的に供給するかっていう問題は、つねに最優先にかんがえなきゃいかん問題です。

電気を安定的に使えないってことは、今の生活をおくれないんじゃないでしょうかね。

政府だって~~年分の石油を備蓄しているって話を聞くじゃないですか。

それくらい石油は重要なんですよ。


そう考えると、再生可能エネルギーの今以上の割合の増加は認めるべきですが、再生可能エネルギーに100%依存するわけにはいかないんですよね。

再生可能エネルギーは太陽光や風力が多いだけあって、安定的に供給することがむずかしいといわれています。

それを技術革新によって安定的にできるにしても、場所の問題もある。

太陽光や風力はどこでも設置できるというものではないし、それだけで100%まかなおうとしたら日本中太陽光パネルと風力発電の風車になるんじゃないですか。

過去、ここまで石油エネルギーが使われてきたい背景には、安定的にエネルギーをつくることができる、ということもあるんですよ、きっと。

私はそう考えると、やはり石油需要はなくならないと思うし(今から石油の使用総量が減少に転じるのは20年以上先じゃないか?)、XOMへの投資は間違いじゃないと思います。


スポンサーリンク





関連コンテンツ