このブログを検索

ベーシックインカムはやめたほうがいい。働くことはむだなことじゃない。

2018年10月6日土曜日

独り言

おまえさぁ、コンクリートロードはやめたほうがいいと思うぜ
実現するかしないのかわかりませんが、ベーシックインカムという考えがあるようです。

個人的にはしないほうがいいと思います。

この制度を導入する目的が、一体何なのかがよくわからない。

「人間はこれから働かなくていいぜ!ラッキー!!」

っていう意味で導入するのでしょうか。

導入して何がよくなるのかよく分からない。

給料など主な収入にベーシックインカムをプラスして人々をお金持ちにしようという施策なのでしょうかね。

人間が理性的により高みにのぼる、みたいな崇高な理念があるのなら話はわかりますが、そういうのではないでしょう(ニュータイプへの覚醒が目的ではない、、、と思う)。


1つの真理として人間はモノを食べないと生きていけないということがあります。

それに「パンのみに生きるにあらず」ということで、食事以外に娯楽も必要でしょう。

またお役所仕事だ!!などといわれる公務員の仕事も、警察や消防、役所の仕事など必要な部分は絶対にあります。

そういったもろもろの仕事の上に世の中は成り立っています。

そういうのやめていいってことなのかなと、ベーシックインカムの導入は。

そういうのが全部、機械やAIに置き換えられると思ってるんでしょうかね。

なんかベーシックインカムの背景に、

「労働はいらない」

というのが見え隠れするんですよね。

実際、働かなくて稼がなくて、どうやってベーシックインカムの原資をだすのか?実際に社会を動かすのはどうなるのか?

ホントにどこから金が捻り出てくるのかわからない。

いろんな職業がなきゃ世の中回んないよね、と思います。


ベーシックインカムの議論は日本では歯牙にもかけられないでしょう。

そもそも金がない。

むしろどうやって国民に出す金を減らそうか、国民からもっと取ろうか考えているくらい。

どうやったらベーシックインカムが実現できるのか教えて欲しい。

それにベーシックインカムで金をもらっても、働く人がいないかったら金の使い道がない。


いろんな人がいろんな仕事をしているから、平和で楽しいことが溢れる社会になってるんじゃないでしょうかね。

働いていることは無駄じゃないと思います。

スポンサーリンク




関連コンテンツ