このブログを検索

米国株ブログはもっと増えて欲しい

2018年11月22日木曜日

独り言

にほんブログ村の米国株カテゴリーで1位になっておられる、

霧末流♀アメリカ株サバイバル投資実践記 (米国株バリューグロースETF複合戦略)

にて霧末さんは、「ガチとエンタメ二刀流」と書かれています。

興味をもってやるには、エンタメ的要素がはいっていたほうがいいです。

楽しさがあることによって、米国株に興味を持つ人が増える可能性が良いことだと思います。


個人的な体験として、学校の歴史は教科書より、漫画や小説、ゲームのほうでよく覚えた気がします。

親父と図書館にいって「漫画 織田信長」みたいなのを読んでいろいろ覚えたし、司馬遼太郎や吉川英治の小説で興味を持ちました。

信長の野望でも戦国武将の人名や城の名前をよく覚えましたね。

教科書は良くまとめられているのかもしれませんが、ただの記述なので面白さを求めるのは難しい。

興味を持つには、エンタメ的要素が必要です。


最近、米国株ブログはかなり増えています。

米国株ブログを読む人もそれに比例して増えているのかもしれません。

すごくいいことだと思います。

というのも、投資をやるなら米国株だろうと思うからです。

日本株も株主意識がかなり高まってきていますが、まだまだ米国企業のほうが実績があるので信頼度は高いです。

米国企業の凄いところは、利益率の高いところ、そして株主還元意識の高いところです。

短期的には新興国が人気化したり、日本株が人気化したりしますが、利益率の高さや株主還元の高さで、長期的に見れば米国株が安定的に稼いでくれる株式市場だと思います。


また米国株ブロガーが増える、という現状はすでに米国株投資をしている人にとってプラスです。

というのも有益な情報が増えるからです。

いろいろな記事がありますが、これだけ数が増えればガチでやっている人もいるので、有益な記事はかなり出てきます。

私も銘柄や決算分析でどれだけお世話になったことかwww。

2015年はそんなに決算や銘柄分析のブログ記事はそんなになかったですよね。

米国株界隈がにぎやかになったおかげじゃないですかね。

投資はもはや必須の世の中なのだから、情報が広がるなら米国株がいいですね。