【ETF万歳】やっぱりVTIは素晴らしい。

2018年11月4日日曜日

ETF VTI

バンガード トータル・ストック・マーケットETF

個別銘柄に投資していると、株価の動きが嫌になるときがあります。

「なんであの銘柄は上昇しているのに、俺の保有銘柄は上昇しないのか」
「なんで俺の株だけ急落した?」

など投資家あるあるな出来事はいつものことで、そういうときは気分が沈みます。

自分の株が市場平均に比べて下落したり上昇が小さかったりすると、市場平均のETFのありがたみがすごくよくわかります。

長く投資を続けていると、市場平均ETFのすばらしさに気づくときがよくあります。


今のようにハイテク銘柄が急落したときも、市場平均にはディフェンシブ銘柄も含んでいるので、株価の下落幅がハイテクよりは小さい。

また株価上昇時には、ハイテク銘柄を含んでいたのでディフェンシブ銘柄よりも大きな値上がりでした。


一言でいうと、

「なんで俺の株だけ悪いのか?」

という状況を減らすことができる。


そういう感情は少なからずあると思います。

そしてそういう感情が長く投資を続けるうえで、けっこう大きな障害になります。

投資は自分の心との葛藤の面が多いじゃないですか。

市場平均はみんな同じなわけですから、良くも悪くも、

「これだけ下がってもみんな同じ。」

と思えます。

市場平均ETFを持つことは、「自分の株だけ悪い」みたいな負の感情を減らし、長期投資を続ける助けになります。

長く持てば米国株投資は儲かるのならば、長く続けられる方法を探すべきじゃないでしょうか?



「やっぱり市場平均ETFはいいなあ」と思う場面が多いです。

私はVTIを保有していますが、IBMやAT&Tなど含み損を抱えている銘柄もあります。

含み損を抱えている銘柄は高配当銘柄が多いですが、どう考えても配当金込みでもVTIのパフォーマンスには勝てていません。

はっきりいって最初からすべてVTIを買っていた方が、はるかに儲かっていました。

まあ私の場合、配当金というキャッシュフローが欲しいので、すべてが悪いというわけではないのですが、それでも、米国株投資を初めてずっとVTIを購入して、現時点でそれを売ったほうがトータルのキャッシュインは遥かに多いです。


VTIや市場平均ETFは素晴らしい発想の商品です。