このブログを検索

【好きなことだけで生きていく】5G登場により、ホリエモンの言うことが現実に近づくかもしれない。

2018年12月12日水曜日

書評 独り言

ホリエモンの言うことと5Gの関係

突然ですがホリエモンの著書「好きなことだけで生きていく」と「5G」というワードは関係があるんじゃないかと思いました。

というのも「好きなことだけで生きていく」時代が、「5G」技術によってより身近なものになるのではないかと考えているからです。

ホリエモンの考えが5Gという技術に裏付けされて、現実に近づく気がしています。


ホリエモンの著書「好きなことだけで生きていく」を読み終えたのですが、

・自分の頭、考え方の構造を変えなくてはいかん
・自分の好きな生き方で生きていく方法があるのかもしれない

と何かかなりインパクトを受け、行動を起こすべきと心動かされます。

ホリエモンは情熱みたいなものがあるんでしょうかね。


私はホリエモンの著書は初めて読んだのですが、今まで読まなかったのは「怪しい」という印象があったからです。

やはり投資家としてはライブドア事件の印象もある。

まあしかしそんな過去のことはもういいし、むしろ何か教えてくれるかもしれないと本書を手に取りました。

結果的にドハマりしました。


5Gという技術があります。

最近よく目にするワードで、私なんかは特に投資先のAT&Tが5Gというワードにもろに関係する会社なので、このワードに目が止まります。

5Gをグーグルで調べると、
5Gは通信の高速化だけでなく、身の回りのありとあらゆるアイテムがワイヤレスでネットワークに繋がることになる。同時に多くの端末を接続できることから、IoT化が一気に進むと予測されている。~ハフポスト日本版より~
とでてくる。

で具体的には、
映像は4K/8Kサイズの高精細なものを扱えるようになる。今のライブチャットは接続状況によって途切れがちになるが、5Gではリアルタイムでの会話が可能となる。技術が進めば、画面での会話ではなく、3Dで立体投影もできるだろう。自宅にいながら、まるでオフィスいるような感覚で働くことができる。遠方の取引先との営業も、頻繁には現地に行かずに済むことになるだろう。さらには、機器の遠隔操作もできるようになるため、技術職など、さまざまな職種で働き方が見直されるはずだ。~ハフポスト日本版より~
 と、現在の「なんかおせえし、画面がちらつくし」と思っているようなこともスムーズにできるようになるということです。

また車がスムーズにネット環境に繋がるということで、自動運転の技術にも関わるということです。



米国では5Gが一部で既に利用開始されています。

5Gが普及するのは間違いないですし、そうなると技術的に無理だと思われていたことが無理ではなくなり、社会のあり方も変化します。

リアルタイムにスムーズにテレビ会議ができると、わざわざ1つの場所に集まって会議をするよりも、移動時間のことなどを考えると、むしろ別々の場所からオンラインで会議をした方がいいんじゃないか?と人々が感じるのではないかと思います。

リアルにそれに触れると「集まる意味なくない?」と、おそらく会社の頭の固い人でも感じると思います。

技術が人間の行動や考え方をこれからも変えていくのだと思います。


好きに生きる人と5Gの関係

「好きなことだけで生きていく」と「5G」の関係が成り立つ理由ですが、5Gによって個人ができることが広がる、という側面が挙げられるんじゃないでしょうか。

ライブ配信なんかは今でもありますが、「綺麗早い」が実現すればより視聴者も見ようと思うし、そうなればやる人も多くなるでしょうね。

5Gの普及によって、技術的な革新が起き、より個人でできることが増える。


また米国株投資をしている身にとしては、バフェットの言葉が5Gとつながるんですよ。

世の中の生産性が高まるにつれ、社会の生活水準があがる

という言葉です。

効率的になると今までの仕事を同じ人数でやる必要はない、ということで、リストラという面もありますが、人間が従来の食糧生産などの労働から解放されるとみることもできるわけです。

だから時代が進み生産性が向上するにつれて、第一次産業が減少し、第三次産業(エンターテインメントなど)が伸びていけるわけです。

「弥生時代」には農業や漁業、狩猟など第一次産業にかなりの人が従事していたと思いますが、「現在」ではそういう人たちはむしろ少数派で、サービス部門など第三次産業のほうが人数が多い。


で、5Gの登場によってますます社会が効率化になり、より第三次産業に属する人が増える。

第三次産業はエンターテインメントも含みますし、個人でできることが増えると考えると「好きなことだけで生きていく」という時代が訪れても不思議ではないと感じる次第です。

ホリエモンのいう「好きなことだけで生きていく」という時代は、ホラでもなくて、むしろ時代の流れ的には必須の出来事なのかなとも思います。

スポンサーリンク




関連コンテンツ