【万年割安】IBMの株価は上昇するのか?

IBMの株価は低空飛行を続ける

IBMの2018年第4四半期決算が1月22日に発表されます。

個人的には横ばいじゃないかなと思っていますが、第3四半期決算のように失望売りになる可能性も頭から離れません。

この5年間といえば、米国株式市場はかなり上昇した期間ですが、IBMはとりのこされています。

IBM株に期待して株を購入したわけですが、株価はいまのところダメダメです。
そんなIBMですが、株価が上昇するのでしょうか。

タダの素人の意見ですが、私はIBMの株価が短期間で上昇することはあまり期待してはいけないと考えています。

理由は「下落し続けているIBMの業績が、上方向に方向転換する兆しは当面見えないから」。

戦略分野という、IBMが力を入れている分野でも苦戦しているのに、短期間で全体の業績が上向き、株価も上昇すると考えるのは少し期待しすぎじゃないかと思います。


2019年後半にレッドハットを買収する予定ですが、IBM全体の業績を改善させられるかはまだわかりません。

2017年のIBMの売上は791億ドル、レッドハットの売上は29億ドルです。

ただ単純にプラスにはなるとは思うのですが、求められるのは相乗効果(シナジー)でしょう。

レッドハットの事業がIBMとうまくリンクして良い方向に向かうことを期待されているわけで。

そこは始まってみないとわからないので、「レッドハットを買収する=未来は明るい=株価上昇」ということを考えるのは、まだわからないというのが本当じゃないでしょうか。


一方で連続増配銘柄IBMの配当金の増配は当面続くと思うし、IBMの株価はかなり売られてきているので、バリュエーション的にはどうしても割安に思えます。

そのあたり株式市場の思惑次第では買い戻されることがあっても不思議ではないと考えています。

収益は下落が続く

残念ながらIBMの業績が全般に悪いのは否定できないです。

直近の決算発表(2018年度第3四半期)は、簡単に、
IBM前年比
売上-2%
EPS-1%
戦略分野+16%
となっています。

前年割れという結果になり、第3・四半期決算を発表した直後に株価は急落しました。

こういう状況がずっと続いているんですよね。

戦略分野は伸びているのですが、他の分野はどうなってるの?という。

戦略分野が+16%ということは、他の分野は戦略的切り離しをしている最中なのかな。


IBMが力を入れているクラウド事業は、
と伸びているのですが、アマゾンの46%や、マイクロソフトの79%には及びません。

どうもパッとしませんが、だからこそレッドハットの買収につながったのでしょうね、、、。



収益はここ数年、下落基調が続いています。





第3四半期は前年割れの決算でしたが、前回の第2四半期決算は珍しく前年を上回った四半期でした。

詳しくみると、売上が大きく伸びているのは主要5部門のうち「システム」だけだとわかります。
為替の影響除く前年比
コグニティブ
ソリューション
―1.3%
グローバルビジネス
サービス
0%
テクノロジーサービス

クラウドプラットフォーム
+0.2%
システム+22.9%
グローバル
ファイナンシング
―6.2%
システム部門だけ上昇しているの理由は「IBM Z」という商品が売れて全体を押し上げているからです。

「IBM Z」という商品はいろいろな企業におさめられているようですが、新商品が発売されたので買い替え需要が発生したというわけです。

ということで第2四半期決算のシステム部門の売上は、一時的なものだと言えます。

それが剥落すれば、他には業績を押し上げるものがない。

正味なところで見ると、ホントは前年比割れといってもいいんじゃないかっていう。

戦略分野

IBMが重視する「戦略分野」があります。

この戦略分野には具体的に、

クラウド、ビッグデータ、セキュリティ、ブロックチェーン

といった先進の分野です。

世の中でいかにも伸びそうな分野ですね。

伸びるだけに当然ライバルは多い。

クラウドでいえばアマゾン、マイクロソフト、グーグルと超大企業が居並ぶ凄い業界。

ハイテク業界は厳しい競争相手が多いですよね。

IBMは高い技術を持っているのですが、おいしいところはアマゾンとかマイクロソフトに持っていかれている気がします。

株価はまだ期待できない?

IBMの株価はまだ上昇は難しいように思います。

決算発表で予想以上の良い数値を出せばありえますが、ここ最近の決算を見る限り、横ばいで良いほうじゃないでしょうか?

いきなり+10%とかはありえない。

先行き見通しを上方修正すれば株価上昇はありえますが、レッドハットの買収も完了していない状況で、IBMの収益が変化するのはどうなのかなと。

IBMの収益の増加というのは、IBMが変化したときなのかなと。


とはいえ私はIBMの株を売るつもりはないです。

なぜなら配当利回りは高いから。

個人的には配当金の減配はありえないと考えているし、IBMのような優良企業が6%の利回りとかありえないと思っています(良い意味で)。

現に金は十分稼いでいます。

キャッシュフロー関連はそこまで危ないようには見えないです。
ただ株価が上昇するのは、期待できないかな、、、?

IBM株は売られ過ぎているだけに、【低PER→普通のPER】へと見直されるワンチャンスは期待しています。

関連記事:
【吉と出るか凶と出るか】IBMのレッドハット買収
【IBM株】配当再投資家に試練のとき。

スポンサーリンク




関連コンテンツ