XOMを売却。2018年12月の米国株保有状況。

XOMを売却

Ticker保有割合
GME18.65%
IBM18.80%
T17.34%
D17.44%
CSCO11.50%
BRK.B8.76%
PM4.01%
VTI3.51%
合計100.00%
12月現在の保有割合です。

相変わらずヒドイ銘柄ばかりがトップに並んでいます。

根が貧乏性なんでしょうね、輝いている銘柄が1つもないorz。

そんなことを思いながら米国株投資LIFEを送っておりますが、そんな中、12月中旬にエクソンモービル(XOM)を売却しました。

ギリギリ+1%の利益で売ることができました。

売った主な理由は、実のところXOMにあまり興味をもてなかったwww。

業績など調べようという気が起きなかったです。


あとはこれから先、原油価格は高値になることはなく、XOMの利益もほどほどが続くのではないかと思ったからです。

世界的に石油の需要は当面伸びるようで、まだまだ需要はあると思いますが、原油価格が高止まりしない現状では大幅な利益上昇は期待できないんじゃないかと。

そうなれば増配率も当面、今のように低い水準が続く可能性が高いのかなと。


原油価格が上昇しては下落するのは、シェールオイルによって供給が過多になっているからでしょう。

一定の高値に達すると供給サイドが増産を始めるので、高値を維持できないという構造。

それでもサウジとかアラブは原油価格が高いほうが良いので、減産をしてでも価格を上げようとするのですが、減産をして価格が上がれば米国のシェール企業が増産をする。

そうなればまた原油価格が下落するという詰んでるパターンです。

遠い将来にクリーンエネルギーが普及することを考えると、その構造から抜け出せないままの可能性もありますよね。

またXOMの最近の配当利回りは4%以上と十分に高配当ですが、私の保有銘柄であるIBMやPMの5%以上、AT&Tの6%以上と比較すると劣ります。

また増配率も最近は低い傾向です。

1桁台前半の増配率ならば、より配当利回りの高いIBM、PM、AT&Tを持っていた方がいいんじゃないかなと考えました。

VISAを狙う

XOMを売却しましたが、2019年のNISA枠で新規銘柄を購入しようと考えています。

今のところ、VISAを狙っています。

高配当じゃないのですが、高増配率の銘柄です、VISAは。

10年もたてば凄いことになると考えています。

事業的には文句ないです。

VISAを新規に買って、IBM、AT&T、VTIあたりを買い増そうかなと思案中です。

スポンサーリンク




関連コンテンツ