このブログを検索

ドラクエ7を2回クリアした人はすごいと思った。のめり込める奴が勝ち組だ。

2019年1月26日土曜日

ゲーム

職場でドラクエ7を2回クリアした人を発見


最近、職場でドラクエ7を2回クリアしたという人を発見。

私はドラクエ7は途中で諦めただけに、「2回もクリアしたんかい!」と素直にすげえと驚きました。

以前、ネットでドラクエ7のクリア時間は他のシリーズに比べて長いとみたことがあるし、自分のドラクエ7の経験では、石版集めで苦労するし、キーファが消える時点で萎えるのでクリアする気の起きないゲームです。

それを2回もクリアするとはこいつはツワモノだわい、と一見冴えない彼を称賛の眼でみてしまいました(性格は良いやつ)。

プレイスタイルは人それぞれ

しかしドラクエという一定のストーリーがあるゲームでも、プレイスタイルは人それぞれだなと感じました。

その人は今、3DSのドラクエ5をやっていて、クリア直前で横道に逸れ、何かしらのアイテム収集をやっているようです。

私はゲームのやり込み要素はほぼしないので、「そこまでやるとはやるねェ〜」と感嘆しております。

プレイスタイルは人それぞれですが、そこまでのめり込めるのが羨ましいですよね。

迷惑なプレイスタイルもある

話はそれますが、迷惑なプレイスタイルもあります。

さきほど私はやりこみ要素はほぼしない、と書きましたが、たった1つだけクリア後のやりこみ要素をやったものがあります。

それがファイナルファンタジー5(FF5)です。

FF5では青魔法といって、敵だけが使える魔法を覚えるジョブがあります。

ですが、その青魔法のコンプリートは結構難しい。

習得が難しい青魔法の1つに「ホワイトウインド」というものがありますが、これを覚えるのに相当時間をかけましたね。

かけたのは友達の家なんですけど。

FF5はクリアしたのもホワイトウインドを覚えのも、全部友達の家だったので、当時の友達とその家族は相当迷惑だっただろうなあ。

このプレイスタイルはひとそれぞれなんて意味ではなく、ただの迷惑行為ですね。

子供はすげえ。

のめり込めるのはすげえことだ

何事にものめり込める奴はすごいやつです。

無心にやれる、って羨ましいことですよ。

今の日本は超幸福な国ですから、のめり込めるやつが勝ちかもしれません。

仕事が安定すれば、なにかにのめり込める人が勝ち組かな。

ドラクエ7を2回クリアした彼を見て、金を持たなくても勝ち組になれると思いましたね。

関連記事:
スポンサーリンク




関連コンテンツ