米国株配当収入は「やる気」と「お金」さえあれば増やすことができる。あとはどうやるか。

収入増に能力はいらない


米国株の配当金収入って、実のところ簡単に増えますよね。

お金を米国株の連続増配銘柄に投資すればいいだけです。

投資をするともれなく配当金がついてきますので、投資すれば減配や無配にならない限り配当金はもらえます。

配当金を貰えればそれは自分の収入です。

連続増配銘柄なので減配や無配になるリスクは低いと思いますが、さらにP&Gやコカ・コーラなど、50年以上連続増配銘柄の王道銘柄に投資すればより安心かもしれません。

自分の脳内でブロックをかけない

冒頭で「簡単に増えますよね」とさらっと書きましたが、お金を増やすことを侮っているわけではありません。

というか侮るというか、そんな表面的な捉え方で配当金収入を考えてはいけないかなと思います。

楽に儲けるとか楽ではないとか、そういう次元の話ではないと思います。

投資をすれば配当金を貰える、それを事実として受け止めたい。


というのも、自分の中にも「簡単にお金を儲けられることってあるのだろうか?」というためらいがやはりあるからです。

投資だから、やっぱりお金が危険にさらされるリスクがあるんじゃないだろうか?という意識があり、お金を投資に回すことを躊躇する気持ちがないわけではありません。


ただそこは自分の脳内でブロックをかけてはいけないなと思います。

なぜならお金を投資すると、配当金が貰えるということが事実で現実だからです。

私が投資している米国企業はいろいろ考えていろいろな角度から見ても、配当金を払い続ける可能性が高いです。

それに過去連続増配している記録も持っています。

それは現実でこれからも実現する可能性は高いと思っています。


ですから米国株投資をすると、配当金が増える=自分の収入が増える、ということを普通に捉えたい。

そこは前提として、「投資をすれば配当金が増え収入が増える。じゃあどうすれば投資に回せるお金を増やせるか」とか「どの銘柄を買えば分散させながら、配当金を最大化できるか」というようなことを考えていきたいです。

関連記事:


スポンサーリンク




関連コンテンツ