このブログを検索

クラフトハインツの教訓は「分散投資」。

2019年2月27日水曜日

独り言

ああ、クラフトハインツ、、、。保有回避できてよかった。

クラフトハインツ(KHC)が爆下げしました。

私は一時期クラフトハインツを購入候補に入れていただけに、買わなくてよかったとほっとしています。

いつもポートフォリオの中に爆下げ銘柄を保有しているので、保有株を公開している身としては恥ずかしい思いをしなくて良かったです。

今回のクラフトハインツの暴落で教訓を得るなら、「分散投資をしたほうがいい」ということじゃないでしょうか。


私はたまたま運良く、クラフトハインツを購入しませんでしたが、あの高配当利回りと連続増配しそうな食品という事業で、思わず購入しそうになります。

なにせあのバフェットが保有しているので、「悪いとはいえバフェット銘柄だし」という見方をしてもおかしくはないです。

クラフトハインツでよくいわれるのがキャッシュフローが減少していた、ということです。

それは確かにそうなのですが、実際のところ、株価が下落しても、クラフトハインツくらいの企業ならば有名ブランドも多数保有しているし、いずれ復活するんじゃないかという期待を抱いてしまいます。

だからキャッシュフローが減少したり、営業利益が減少しても、いずれ株価は回復するんじゃないかと考えてしまう。

分散投資必須か!?

今回のクラフトハインツに限らず、暴落する銘柄は株価が暴落する何かしらのサインを出しているものと思われます。

株価が冴えないとか、業績が不調とか。

ただそれを見抜くのはなかなか難しいということです。

だって著名投資家だってそういう事態に陥るのだから。

素人ならなおさら完璧に見通すのはできないですよね。


だからやはり分散投資が必要なのかなと思います。

私もブルーエプロンやゲームストップで2回株価大暴落を経験していますが、もし1銘柄のみに集中投資していたら、本当に立ち直れなかったかもしれません。

精神的には立ち直れますが、資金的には「もうやめよっか」になったかもしれない。

今回のクラフトハインツで分散投資は必要だと、改めて思いました。

関連記事:
【ブルーエプロン】株価が大幅下落した銘柄に集中投資した私の末路!
分散、分散、分散!!米国株、高配当優良銘柄に分散投資!

スポンサーリンク




関連コンテンツ