このブログを検索

少しづつ米国株投資家と米国株ブログのPVは増えるんじゃないか。

2019年3月31日日曜日

独り言

米国株ブログの総PVは増えている?


先日、グーグル検索の変更によって、米国株ブロガーのPVが減っているんじゃないかという、2,3のツイートが少し目に付きました。

しかし、どなたかがツイッターで米国株ブロガーの皆さんに「PVは増えたか減ったか?」という質問をされていたのですが、それによると70%くらいの人はPVが増えたと返答されていました。

グーグル側の検索条件の変更により、一部の人はその条件に引っかかって影響を受けたのかもしれませんが、全体的には米国株のブログはPV数が上昇しているのではないかと思います。

その条件の影響を受けた人はたまったものではありませんが、受けるか受けないかはブログスタイルによって変化するし、グーグル様が決めることなので如何ともし難く、厳しいものがある。

自分が影響を受けたら泣きが入ると思いますが(゚ロ゚;ノ)ノ. 。

儲かるところに人は集まる

まあそれでも米国株ブログのPVは全体的に上がってはいると思うのですが、そう思うのも日本で米国株投資家が増えているのではないかと思うからです。

私は統計の専門家でもないので、正味のところはわかりませんが、そう思う理由は「私でも米国株投資で儲かっているから」。

そしてその情報を多くの米国株ブロガーが公開しているから。

儲かっている結果を、各ブロガーが公開しているし、バフェット太郎さんのように儲かっている上に、配当金をバンバン貰っている現実をみると、「自分もやってみようか」みたいなことになるんじゃないでしょうかね。

儲かるところに人は集まるじゃないですか。

都会は儲かるから人が集まる理論。

私のようにたまにドボンしながらでも、持ってるだけで含み益になってるという。


あとは手前味噌で申し訳ないですが、私のブログは最近PVが増えました。

全体の70%に入ったみたいです。

自分の思ったことを並べ立てただけの、このブログのPVが上がるのは、米国株に興味を持つ人が増えて全体のパイが増えているんじゃないでしょうかね。

個人投資家は配当金が大好き

ここ5年間の日本株の長期投資は儲かっています。
この図は5年間のS&P500と日経平均の比較チャートですが、ほとんど変化がない。

(まあ30年とかの期間にすると、日本株は悲惨なチャートになりますが、5年間は立派な数値なのだから、そろそろそ長期チャートのことは参考程度にとどめたい。)


日本株も米国株も長期投資では儲かっているのですが、米国株投資家のほうが有利だと思うのは、増える配当金の存在があるからです。

そこは米国株投資の強みですよね。

そして個人投資家は「配当金」が好き(私も大好き)。

配当金はリターンの元ですし、現実にもらえる現ナマは実感がある。

確かに日本株の優待族も勢力はありますし、嫁さんを説得するには優待のほうが効果的です。

しかしなんといっても米国株投資の現ナマ(配当金)が増え続けるというのは魅力的です。

米国株は現ナマ(配当金)が高い確率で増える銘柄が多い。

そこは日本株に負けない。

配当金が好きな個人投資家は多いので、その点で少しづつ日本株より米国株投資に魅力を感じている人が増えているんじゃないでしょうかね。

著名米国株ブロガーの影響も

米国株ブログの一部の方は100万PVとか閲覧される方がいるようですが、そういうブログの影響は結構あると思います。

その方々が儲かっている事実や配当金の記事を書くと、やはり心動かされる人はいると思います。

だから米国株投資に興味を持つ人が増え、全体的には米国株ブログのPVが増える。

そのことは米国株投資家が増えていることも示唆しているんじゃないでしょうかね。

米国株投資家が増えると、新たにブログを書こうと思う人も出てくると思うし、米国株ブロガーも増える。

米国株投資界隈は正の循環になっているんじゃないでしょうか。

(そしてこのブログのPVが上がって、アドセンス料が増えてほしいと。)

関連記事:
投資の目的は「株価上昇」でなく「配当金ゲット」でもいい。
経験上、ほったらかし投資が一番儲かっている。

スポンサーリンク




関連コンテンツ