このブログを検索

あまりお金を使わない人は長期投資をしてみるのも面白い。

2019年4月16日火曜日

独り言

長期投資というお金の使いみち


お金をあんまり使わない人っていますが、そういう人は少額でも投資をしてみるのも面白いんじゃないかと思います。

どうせ使わない金なんだったら、投資をしてみて日々お金が動くのを見るのも一興じゃないでしょうか。

投資をすると世の中のことに興味がわく。

それも当然で自分の身銭を切って投資をしているのだから、当然投資先企業に対して興味が湧くのは間違いない(湧かざるを得ない)。

例えば、NTTドコモやau、AT&Tやベライゾンなどの通信会社は投資家に人気の投資先ですが、おそらく投資をしていない人よりも、投資をしている人のほうが「5G」「IoT」といったワードについて詳しいと思います。

同じニュースをみるのでも、5Gについてニュースでやっているとき、投資をしている人はしていない人よりも真剣に聞くでしょう。

興味がわくサービス料として

なんというか、お金を使わないで金がたまっていくのも面白いですが、その一部のお金を使い投資して、なんか興味のわくことを手に入れるのもお金の使い方としては正しいんじゃないかと思います。

お金を銀行に入れるか、証券会社にいれて株を買うかだけの違いなので、そこまで大きな差じゃない。

銀行にお金を入れて「定期預金0.01%上乗せキター!」ということではほとんど心を動かされませんが、投資をしていると何かしら頭を使うことが多いので、同じ預けるという行為でも、その後の展開が大きく違う。


まあ投資をしているとお金が減ることもありますが、だから5万円とかの少額でもいいと思うんですよ。

まあ5万円の場合は米国株が主になると思いますが、それでも面白い。

株価が下落して5万円が2万5千円になるかもしれませんが、自分が痛くないと思うくらいの少額で投資すればいいんじゃないかと思います。

大人になっての数万円は果てしないほどの大きなお金ではないと思うので、長期投資っていうお金のお使いみちも選択肢にいれてみるのもいいんじゃないでしょうか。

関連記事:
【投資行動】慎重に慎重に、、、動かなくていい。
ストレスなく続けられる投資法が一番。

スポンサーリンク




関連コンテンツ