【売買履歴】少額だけAT&Tを購入。AT&Tの配当金を他銘柄の購入資金に。

AT&T株購入


高配当銘柄のAT&T株を少額購入しました。

NISA枠が330ドルほど残っていたので購入しました。

AT&Tは1株30ドルなので買いやすい銘柄ですので、330ドルでも10株買え、残高が残らないのでちょうどよかった。

配当利回りだけを見ると魅力的

AT&Tの株価はまったく冴えませんが、このさい株価を見ないようにして、配当利回りだけに注目すると、AT&Tは凄い魅力的なんですよね〜。

配当利回り6%以上で連続増配銘柄ですから、「預貯金」しているというふうに見ると、かなり見え方が変わると思うんですよね。

銀行に預けても利子はつかないも同然なわけで、それに比べるとAT&Tの6%以上の利回りはすごく魅力的に映ります。

連続増配銘柄で株主還元の意思はあり、配当性向も50%程度ですから、配当金の減額リスクは高くない。

まあどう捉えるかは人それぞれですが、もし現状で配当金を減額すれば、AT&TのCEOはどうなるかということです。

株価をあきらめれば(笑)、AT&Tはけっこういい投資先だと思うんですよね。

株価はあがらない? 

これはAT&Tの1980年代からの長期チャートです。

ITバブルのときに60ドルをつけて、株価はパッとしません。

まあこれを見てもわかるように、何十年と株価はあまり動いていないのだから、おそらくこの先も動かないでしょう。

おそらくAT&Tはそういう銘柄で、公益銘柄などと同じような感じなんでしょう。


だいたいスマホが普及した2005年以降からあんまり株価は変わっていない。

スマホの爆発的な普及のときでさえこれなのだから、普段はいわずもがな。

ここまで動かないのだから、きっといつか火を吹くように上がるぜ!という夢を私は捨ててしまおうと考えています。

AT&Tの配当を他銘柄の購入資金に

やはりAT&Tには配当金を期待したい。

けっこう大きな金額が入ってくるので、意外に助かるんですよね。

他の銘柄を買うときに助かる。

隠れた名脇役みたいな感じで付き合うのがいいのかなと思います。

関連記事:
【高配当株】AT&Tの株価は低迷も、それでもあきらめきれない理由。
米国株配当収入は「やる気」と「お金」さえあれば増やすことができる。あとはどうやるか。

スポンサーリンク




関連コンテンツ