覚醒者・米国株投資家に幸あれ。

極論だが、、、

日本人は全員米国株投資家になればいいと考えています。

今の日本で米国株に投資するメリットはかなりあると思います。

成熟した国の人間が貯め込んだお金を海外投資して、それを収入にするのは理にかなっている。

すでに日本の経常黒字は海外投資による資金還元がほとんどじゃないですか。


上記の図の白い棒が投資による収益です。

ほとんどの経常黒字を投資(第一次所得収支)で稼いでいます。

バリバリ物を作って、それを売って稼ぐというのは以前の話で、海外投資による収入は成熟した日本の稼ぎ頭になっています。

個人の立場として考えてもメリットがある

まあ経常黒字なんて話は国単位の遠い話ですが、個人として考えても外国への投資は賢い選択と思うんですよね。

というのもやはり米国株の連続増配銘柄です。

何十年も増配を続けている銘柄に投資するのは、収入を伸ばす手段の1つに入ると思います。


最近ようやく日本人の給料は上昇してきた感じはありますが、それでもまだまだ収入が少ない状況には変わりないと感じるんですよね。

バブル崩壊後、給料は減少の一途をたどりましたが、それを取り戻すまでにはいっていない。

先進国で平均年収400万ちょいというのは少ないと思いませんか。

ただこれから企業が人件費をいきなり大きく伸ばすのも考えづらい。


なので自助努力を考える必要があると思うのですが、そこに米国株の連続増配銘柄への投資っていうのは選択肢に入れてもいい。

給料+配当金収入。

自分で起業して金を稼ぐとか、仕事終わって家で副業なんてほとんどの人にはできないでしょう。

一般の人には配当金収入を選択肢にいれるのは賢い選択肢ではないかと思います。

まあ現実的にはないですけど

「米国株投資家になればいいのに」なんてことを書いて、メリットを書いていますが、まあ実際に米国株投資をする人は少数ですよね。

株価が大幅下落するリスクもあるし。

あのアメリカ人でも全国民が投資をしていないのだから、日本人が全員やることは絶対にない。

(まあ実際は世界最大の年金基金、GPIFが年金を運用しているので間接的には海外投資をしているのですが、、、)

投資=努力

ただ日本人が投資をしないといっても、日本の一部の人は投資や副業をやっています。

で、そういう人たちにはぜひとも報われてほしいと思いますよね。

当然、自分も含めてですけど。

努力は報われてほしい。


「投資で楽に儲けている」なんていうことを実際に言う人は見たことないですが、投資は明らかに努力がいる。

投資している人は「老後資金が必要だ」とか「金がほしい」とか「名前を売ってやる」とか「収入を増やしたい」と思って一念発起するわけですよ。

しかし投資方法なんて授業で誰も教えてくれないわけで、投資をするには自分で調べて努力する必要がある。

古臭いですが、努力は報われてほしいですよね。


誰も教えてくれない、今までやったことのないことに挑戦しようと、脳内で今まで使ったことのない部分にスイッチをいれる。

日本人の大部分はそのスイッチをいれていないわけで。

ある意味、通常状態から覚醒しないといけない。

そんな未知の世界に足を踏み入れた覚醒者・米国株投資家に幸あれと思いますね。

関連記事:
米国株投資で成長する。
【連続増配銘柄】いざというときの配当金収入

スポンサーリンク




関連コンテンツ